グレーテストショーマン

前から気になっていた映画。

今日、公開初日で19時20分から近くの映画館で見てきた。

 

・友情

・成り上がり

・家族

・挫折と成功

・社会からの隔絶とつながり

・ちょっとエロス

・ラヴ

・ナイスなサントラ

ヒエラルキーを超える

 

などなどの要素がちりばめられた、ナイスな映画でした。

 

忘れられない言葉はエンドロールにあった

「最高の芸術は人を喜ばすことである」

 

スカッとした。

 

 

 

 

つぶやき

今日は会社帰りにジムで90分自転車こぎ。

丁度、自転車こぎやっているとき、正面のテレビで、オリンピックのハーフパイプ

ショーンホワイトの優勝インタビューやってた。

彼は、ナントカ1440 っていう大技を一番最後の試技で2本連続で決めて

逆転優勝した。

で、インタビューで、話の筋は忘れたけど、すごい印象に残っている言葉が。

 

「・・・ナントカ1440が出来ることは分かっていた。ただ、

 恐怖心を克服するのに少し時間がかかったんだ。・・・」

 

「分かっていた」と、思ってしまったからできたのか、

無理やり「分かっていた」という状態にしたのか、色々考えてしまうけど、

王者の考え方をカイマ見た気がします。

 

 

つぶやき

 non46さん、偶にいいね押してくれてありがとう!

 

あと、偶にコメントくれてたんですね。

 

気づかなかったです。。

 

ちょっとびっくりしたのが、日記とは裏腹に、

 

とても普通の、安心できるコメントで笑。。

 

 

 

 

 

 

 

 

つぶやき

■問題児 三木谷 浩史の育ち方

山川健一

幻冬舎

 

・企業の究極的な目標→人類社会の発展に対する寄与

・ビジネス→決めたらやりきる、やりつづける

・元気にするのが楽天のミッション

長嶋茂雄→彼はHRの数ではなくHRを狙い続けたところが人々の記憶に残った

アントレプレナー→フィアー(FEAR)がない

・あらゆる文化の底流には悲しみがある

・国が重要でなく国民が重要

・教育とは国の本丸

集中力

昨日、武尊山からの帰り、思ったより電車の乗り継ぎも良く、

帰りの新幹線の中で

「もしかして、一度家に戻って準備して、東京駅20時半発の新幹線で新神戸までいけるんじゃね?実家帰れるかも」と思ってしまった。

3連休、後半2日は特に予定もなかったので。

で、家にいる時間は逆算して45分程度。

 

ザック片付けて、洗濯物取り込んで、親へ渡したり返したりする

酒とクリアファイルかばんにいれて、ジョギング用品詰めて、

冷蔵庫のサラダと納豆と豆腐で晩御飯食べて、クリーニング出して って、

猛烈に集中してこなしたら、でけた。

 

この集中力を10年間続けたらとんでもないことになるんと違う?絶対!

的なレベルの集中力。

忘れずにいようと強く強く思いました。

 

 

 

で、東京駅構内歩いてるときに親父に「今から帰るわ」って電話したら

「母さん、風邪で熱あるんだよな・・・。」って。

そのまま家に引き返しましたとさ。。

 

K子

K子は母親の名前。

中学生の頃、夜中に色々と面白そうなテレビ番組があって、見たいじゃ

ないですか。

 

テレビは我が家には1台しかなく、そのテレビのある居間の2階が親の寝室。

私の部屋は2階の別の部屋。

 

親は兎に角早く寝ろ って言う人なので、

一度寝たフリをして、夜中のF1とかソニーミュージックTVとか見るために

夜中にこっそりと1階でテレビを見る

・・・と、いつの間にかK子が眠い目をこすりながら

「あんた、何してんの!明日学校でしょ。はよ寝なさい!」

と、亡霊のごとく背後から現れてたんですよね。

 

実家に偶に帰ると、

夜中12時過ぎても、居間でテレビをつけっぱなしにしながら、

正面のソファーで、あごを半開きにして上向いて、寝てるK子。

 

本とは自分も夜更かししたかったんじゃない?

幼少の頃、K子も親から同じこと言われてて不満がたまってたのかな。

 

20180210 上州武尊山

しばしば見ていた「関東日帰りの山ベスト100」にも載っていて、

少し気になってた山。

標高は2000m以上あるし、何にしろ名前がカッコいい!

最初、「ぶそんさん」としか読めなくて、

小学生の時に流行ってた北斗の拳の作者の「武論尊=ぶろんそん」に

名前が似ていて、挑戦心をくすぐる山ではありました。

 

ところが、「関東日帰りの山ベスト100」は、夏山向け。

その場合、最寄のバス停から登山口まで2.5時間歩かなければならず、

実質日帰りは無理。

群馬の山奥で、タダの道を2時間以上歩くのはなぁ~。。。

と思ってて保留にしてました。

 

先日、石井スポーツの本コーナーで雪山登山関係の本をパラパラと捲ってたら

武尊山載ってた。

良く見ると、冬シーズンの場合は、スキー場のリフトで上部まであがりそこから

頂上目指せるとの事!

基本コースタイムは、5時間!

 

ということで、武尊山行き決定。

6時40分頃、上野駅から新幹線乗車。

・・・自由席激混み!

3連休初日、自由席には老若男女、日本人外人問わず

既に満席でした。

JR東日本のskiキャンペーンの影響でしょうか。

今まで、そんなことなかったのになぁ。。

 

上毛高原駅までの小一時間指定席のデッキの地べたに座り込んでた。

 

救いは晴れてたこと。

車窓からの一枚。

f:id:befreemysoul:20180211094257j:plain

 

上毛高原駅、8時前着。

初めて降りた。

新幹線の駅が出来るまで何も無かったところなんでしょうか。

駅前の道路や店は、越後湯沢駅とくらべこぎれいな感じがした。

逆に言えば何にもないところ。。

近くのスキー場などへのアクセス用の駅なのかしらね。

f:id:befreemysoul:20180211094303j:plain

 

8時発のバスで川場スキー場まで。無料!前日の夕方に予約して

何かとラッキーでした。

 

で、リフト2本乗り継いでそそくさと登山口へ。

リフト乗るのって、実は大学生の時にスキー行ったとき以来??

意外とあっさり乗れた。

f:id:befreemysoul:20180211094320j:plain

 

リフトからの1枚。

左端の一番高いピークが武尊山、今日の目標地点。

・・・実際はその後、写真の真ん中のピークの手前まで行けた。

f:id:befreemysoul:20180211094336j:plain

 

登山中。太陽の光り方がぎらぎらして面白そうなので撮ってみた。

f:id:befreemysoul:20180211094421j:plain

 

で、あっさり、山頂笑。

ノンストップで、1時間20分。途中、ペットの水は少し飲んだ。

f:id:befreemysoul:20180211094554j:plain

 

山頂から振り返って。写真右側の乳首が剣が峰というところで

そこを通ってきました。

f:id:befreemysoul:20180211094606j:plain

 

ところで本に記載のコースタイムは2時間50分。

半分以下ですわ。

ちょっと嬉しいやら、コースタイムって何やねん と思いつつ。。

最近、60分又は90分の自転車漕ぎを週二回している成果なのでしょうか。

このまま下に戻ったら、12時半頃。

バスの時間が16時なので3時間半どないしろって感じ。

で、山頂から東の方を見ると何となくいい感じの稜線が。。

行ってみたくありませんか?

ということでとりあえず一番手前のピークを目標に歩き出しました。

f:id:befreemysoul:20180211094620j:plain

 

で、結果的には上の写真の3つの内の真ん中のピークの手前まで行きました。

時刻は12時20分頃。

ここから先はトレースが無くなってて、帰りのパスの時間を考えても

ここで引き返すのが潮時かな と。

f:id:befreemysoul:20180211094708j:plain

f:id:befreemysoul:20180211095001j:plain

 

来た道を帰ります。

イキは夢中で気づかなかったのですが、帰りはのんびりと写真を撮りながら。

f:id:befreemysoul:20180211094734j:plain

 

引き返す途中。

右端がさっきまでいた武尊山、左端の乳首が剣が峰。グルット反時計周りに

尾根伝いに歩いて帰ります。

f:id:befreemysoul:20180211094747j:plain

 

腹減ったので、ここで本格的に休憩。

でも、稜線の上は風がきつく、地面の粉雪が吹き飛ばされて顔にあたって

ゆっくりは休めなかった。ほんの10分たらずかね。

f:id:befreemysoul:20180211094757j:plain

 

13時前に山頂に戻ってきました。

f:id:befreemysoul:20180211094812j:plain

 

真ん中が剣が峰。

天気も雲がかかってきましたが、良くこれまで晴れてくれたって感じ。

f:id:befreemysoul:20180211094826j:plain

 

剣が峰 さくっとスルー。

f:id:befreemysoul:20180211094836j:plain

 

2時過ぎ、リフト駅に戻ってきた!帰りは1時間10分。

疲れもあまり無く。ちょっと嬉しいっす。

f:id:befreemysoul:20180211094847j:plain

 

そそくさと荷物を片付け、リフトで下まで降ります。

くだりのリフトは初めてかもしれない。

自意識過剰の中学生の頃は、下りのリフトに乗ってる大人を見て

恥ずかしい奴や とか思ってたのですが、、、

f:id:befreemysoul:20180211094912j:plain

 

リフトの終点。

左の大きな建物が、駐車場兼レストラン件その他諸々の施設の建物。

川場スキー場 結構良いなと思いました。

最初、リフトが4本しかなくて、寂れたちっちゃなスキー場でしょ

程度の認識しかなかったのですが、いってみるとゲレンデもいい感じで人がたくさん。

建物もこぎれいで、地上7階立ての駐車場は満車でゲレンデ側の屋外駐車場に

とめてる客が、シャトルバスでスキー場へ来てるような感じ。

何が良いのか個人的な感想

・建物、リフトがきれくて新しい

・リフトが早くて長い

・景色がきれい

・建物のレストラン他テナントが新しい。

・飯が上手い

・スキー場までの道路がきれいに除雪されてる

・スキー場で働いている人が若い

・スキー場で働いている人の、もてなし感が心地よい。

 

そもそも、スキー場でほとんど金を落とす予定の無い、私のような登山客も

上毛高原駅から片道1時間以上のシャトルバスに予約さえすれば無料で乗れるなんて、

良い感じじゃないっすか!

f:id:befreemysoul:20180211094922j:plain

 

おしまい。

 

そういえば、今回は歩いてるときに、過去の不満がゼロだった。

完全復活は近いかね。いや、既に復活してる? そもそも問題は無かった?

ちゃんちゃん。