西宮北口

14日日帰りの宝塚出張。

帰りの飛行機まで中途半端に時間ができたので、

逆瀬川⇒西北⇒十三⇒蛍池とひっさびさに阪急電車に乗車。

いろんな思い出(があると勝手に思ってた)の西北の写真。

f:id:befreemysoul:20170917134900j:plain

 

過去にしばられん!

 

蛍駅から空港までのモノレール。

気づいたら一番前に居たので、思わずパシャリ!

f:id:befreemysoul:20170917135113j:plain

 

直感を大事にしたい。

20170916 平標山 仙ノ倉山

16日から折角の3連休。

1泊してどこかへ行くかと思ってたのですが、生憎の台風18号の接近。

連休真ん中の17日は天気が悪くて使えんなぁ。。。

ということで、特に登りたい山リストには入ってなかったのですが、

16日、日帰りで越後湯沢にある平標山(タイラッピョウヤマ)と仙ノ倉山

行ってきた。

どちらも標高2000m前後の山でそこそこ登り応えありそう。

 

前々日夜に天気を確認したら、16日午後は天気がやばそう。

こりゃ、15日の夜に越後湯沢に一泊して、

16日は朝一のバスで行かないと。。。

tenkura.n-kishou.co.jp

 

と、思ってたのだけど、16日会社から帰って、再度天気をチェックすると、

16日は夜まで天気が持ちそう っとなってた。

山の天気は予報までコロコロ変わります。

しかし、標高2000mの気温が8度というのが気になるところであります。

何かの間違いちゃう??

ま、前泊の必要はないやろ。

 

ということで、16日の6時36分東京発越後湯沢行きの新幹線に乗車。

8時過ぎに越後湯沢着です。

降りた瞬間「さぶっ!」

半そでポロシャツだけでは、バスの15分の待ち時間耐えられず、

思わずフリースを着ます。持ってきてて良かったぁ。

心の底から思いました。

一応天気予報の気温「ほんまかいな」と思いつつ、下はスパッツ、

上はフリースとハードシェルを持ってきてたんです。

 

30分ほどで登山口着。

天気は曇り。台風の雲では無いけれど、南の低気圧に引っ張られて、北の秋雨前線

が南下した模様です!(登り中、何度か遭遇した若いクライマーの受け売り。。)

 

登りはじめて暫くは森の中を急登していきます。

すこし見える景色をパシャリ。

f:id:befreemysoul:20170917130344j:plain

 

今日はこんな感じの薄曇りの天気。このあと段々と・・

f:id:befreemysoul:20170917130429j:plain

 

急登あと、尾根的なところを登っていきます。

 

f:id:befreemysoul:20170917130510j:plain

 

右前方の尾根を歩いてきます。尾根フェチの自分としては満足満足。

f:id:befreemysoul:20170917130531j:plain

 

 

 

f:id:befreemysoul:20170917130621j:plain

 

途中松手山を通過。

f:id:befreemysoul:20170917130637j:plain

 

道中、尾根を振り返ったところ。紅葉の時はきれいんだろうなぁ。

 

f:id:befreemysoul:20170917130712j:plain

 

あの雲につっこんできます。

f:id:befreemysoul:20170917130733j:plain

 

う~ん。段々寒くなってきます。でもまだ半そでポロ一枚。

フリース着るには暑いかな。

f:id:befreemysoul:20170917130751j:plain

 

空気だどんどん白くなってきます。

止まると寒くて上着が要る程度。だけど、アニマルスピリットを刺激してくれる

ようで、気持ちいい!! 半年振りくらいの感覚。ふぉぉ~!

f:id:befreemysoul:20170917130811j:plain

 

ま、予想通り真っ白ですけどね。引き続き仙ノ倉山へ。

f:id:befreemysoul:20170917130831j:plain

 

道はろくに見えませんが、整備はされていたので、迷う心配は無かったです。

つくづく晴れてるときにきたかった。。むっちゃ景色いいんやろうなぁ。

f:id:befreemysoul:20170917130853j:plain

 

ほんの一瞬の晴れ間。

f:id:befreemysoul:20170917130912j:plain

 

振り返って。

f:id:befreemysoul:20170917130937j:plain

f:id:befreemysoul:20170917131009j:plain

 

頂上着。先客3名。丁度12時4分。15分ほど昼飯休憩。

あまり長く居ると足が固まってしないそうなので、さっさと平標山へ戻ります。

f:id:befreemysoul:20170917131029j:plain

 

つくづく晴れてるときに来たかった。。(再)

f:id:befreemysoul:20170917131050j:plain

 

と思ったら、平標山へ着いた瞬間、ほんの3分程度ですが、雲がどっかに行った!

f:id:befreemysoul:20170917131112j:plain

f:id:befreemysoul:20170917131135j:plain

f:id:befreemysoul:20170917131151j:plain

f:id:befreemysoul:20170917131212j:plain

f:id:befreemysoul:20170917131233j:plain

f:id:befreemysoul:20170917131258j:plain

f:id:befreemysoul:20170917131318j:plain

f:id:befreemysoul:20170917131359j:plain

ひたすら四方写真撮りまくった。

ただ、ゆーときますけど、その時の感動はこの写真ではあんまり伝わり間ヘンな。

 

山頂2回目。ここからは来た道とは別のルートでバス停まで戻り。

f:id:befreemysoul:20170917131415j:plain

 

途中、山小屋。こぎれいな感じ。

f:id:befreemysoul:20170917131441j:plain

 

ひたすら下り。

f:id:befreemysoul:20170917131510j:plain

f:id:befreemysoul:20170917131529j:plain

f:id:befreemysoul:20170917131550j:plain

f:id:befreemysoul:20170917131610j:plain

 

麓に来ると別荘地になってた。

おもしろいので写真を数枚撮った。

f:id:befreemysoul:20170917131631j:plain

f:id:befreemysoul:20170917131650j:plain

f:id:befreemysoul:20170917131709j:plain

 

2時38分着。

だけど、次のバス停が15時55分まで無い。。ということで。30分ほど、

目の前の小学校の軒下でごろごろ時間をつぶし、

f:id:befreemysoul:20170917131730j:plain

 

15時24分発の逆方向のバスにのり、10分ほどで終点の西武クリスタルへ。

道中の苗場プリンスホテル。むっちゃでかい!むっちゃ客少ない!

 

 

f:id:befreemysoul:20170917131844j:plain

 

苗場プリンスホテル側から浅貝(街の名前?)方面。でっかいリゾート地なんやね。

f:id:befreemysoul:20170917131908j:plain

 

越後湯沢駅にて。豚丼を食す。肉はもとより米がむっちゃうまかった!

f:id:befreemysoul:20170917132254j:plain

 

f:id:befreemysoul:20170917131927j:plain

 

こんなにもう一度登りたい!って思った山はあまりないかな。

天気は生憎だったけど、一瞬でもすばらしい眺め見れたし。

あと、いつもポケットにつっこんでるメモ帳を今回は忘れた。

特に何も頭に思い浮かばなかったし、OKとしようかね。

 

ではでは。

茂木健一郎

近くのサンマルクで勉強しにマンションの出口を出たところで、

普通に茂木健一郎が若い女(学生??)と歩いてた!!

 

おっと  って感じ。。

 

だからって訳じゃないけど、帰り、ウィスキー買った。

アイラ産のシングルモルト

きっつい臭いのが好き。

f:id:befreemysoul:20170911221157j:plain

太郎山にておもふ

・道が無かったとき

 ⇒絶対、1月の筑波山とかの経験しか無い時に来ても、ビビッて

  登れなかったよなぁ。

  ⇒そもそも、その時に太郎山はガイドブックには載ってたはずだけど、

   全く眼中になかったよなぁ。

 

  ってことで、実は登るべき時に登るべき山に登ってるのかな。

  と考えると、一発目の去年のキリマンジャロ

  自分にとってどんなメッセージなんだろか?? 

 

  人生に広げると、出会うべき出来事に出会うべき時に出会う なんちゃって。

  阪神大震災は何かの意味があったのかな??

  わからん!

 

  

 

・「思う」のか「思わされる」のか「思ってしまう」のか

  

  そもそも「やる気」ってなんなんやろな と。

  例えば太郎山とか、1週間前までは登る気ほぼゼロ。

  でも何となく、今市のホテルを予約して、「登りたい!」って

  いつのまにかなってた。

  よく本とかに書いてるけど、自分は宇宙のビッグバンからの爆発の残りかす説。

  要は自分の運命はあらかじめ決まってるってやつ。

 

  ビリヤードにたとえてみると、誰かがある球を衝きました と。

  そしたら球にあたって、台上の球はあちこちに衝突を繰り返していきます と。

  その内の球の一つが自分。

  

  でも、確かに客観的に見たら、そら、自分の行く末は決まってたんだろうけど、

  球本人からしたらどうなるか分かりませんわな。

 

  で、何が言いたいかというと、人生なるようにしかならん説 笑。

  

  偶に、意思や思い込み、ガッツが大事と言う人もいるけど、

  それらを持つ自分になるって偶然じゃないのかな という気がしなくも無い。

 

  眠いわ。。

20170909太郎山

太郎山は、男体山の更にまだ奥にあります。

いつも使ってるガイドブックにのってる「戦場ヶ原」の写真がきれくて

いつか登ってみたいなぁ、と。

場所は男体山麓から更にバスで20分ほど進んだところ。

湯元温泉の手前、光徳温泉から登山開始です。

 

標高2368m、目安時間8時間 ということで朝一の日光駅行の電車に

乗っても厳しそう。。

というわけで、(日光近辺のホテルは高いし、、)日光駅2駅手前の今市駅というところで素泊まりのホテルに前泊。

六時半の今市発の電車にのり、日光駅、6時55分発のバスで光徳入り口へ。

 

バス降りた瞬間、「すずしい~!」

腕時計の温度計をみると29度。

でもどう考えても25度は無い感じ。

 

本当は光徳温泉というメイン路線から少し外れたバス停が登山口なのですが、

そこへいくバスが早朝は無い。。

ということで、30分弱、森の中をトレッキング。

 

で、スタート地点の光徳温泉 8時半(たぶん。)出発です。

 

当日朝、日光駅着。こぎれいな駅。

f:id:befreemysoul:20170910152253j:plain

 

駅から太郎山方面。いい天気です。ただ、どれだどの山だか。。

f:id:befreemysoul:20170910152322j:plain

 

因みにバス道中の男体山。今日はむっちゃ晴れてる!

f:id:befreemysoul:20170910152348j:plain

 

↓因みに6月に登ったとき。。

f:id:befreemysoul:20170910152419j:plain

 

八時過ぎ、バス降車。

f:id:befreemysoul:20170910152448j:plain

 

光徳温泉まで30分程歩き。

f:id:befreemysoul:20170910152510j:plain

 

光徳温泉から山王峠への風景。プチ尾瀬みたい。尾瀬行ったこと無いけど。

でもこんな整備された道路はこの一瞬だけ。。

f:id:befreemysoul:20170910152531j:plain

 

今回焦ったのが、道がよく分からんってこと。

こんな熊笹で覆われた道を、目印を頼りに突き進みます。

たまに出てくる「熊出没注意」の看板が、意味も無く不安感をそそりあげます。

こんなとこで注意って言われても。。

f:id:befreemysoul:20170910152615j:plain

 

途中山王烏帽子山着。

f:id:befreemysoul:20170910152718j:plain

 

道中、男体山中禅寺湖

f:id:befreemysoul:20170910152744j:plain

 

アッチ←

f:id:befreemysoul:20170910152807j:plain

 

何となくの風景。

f:id:befreemysoul:20170910152827j:plain

 

小太郎山着。太郎山の手前にある、標高2328mの山。

f:id:befreemysoul:20170910152845j:plain

 

だけど腕時計の高度表示は2233m。まぁ、ざっくりした技術者のっぽい時計かな笑。

f:id:befreemysoul:20170910153008j:plain

 

小太郎山からの男体山中禅寺湖

f:id:befreemysoul:20170910152928j:plain

 

・・・と、戦場ヶ原。

f:id:befreemysoul:20170910152948j:plain

 

もいっちょ、男体山。一瞬で雲に覆われたりして、面白い。

f:id:befreemysoul:20170910153028j:plain

 

小太郎山から太郎山。左端のが太郎山。

f:id:befreemysoul:20170910153050j:plain

 

 

 

太郎山着!

f:id:befreemysoul:20170910153148j:plain

f:id:befreemysoul:20170910153207j:plain

 

一応男体山。眺めは小太郎山からのが良かったかな。

愛嬌のある弟、偉そうな兄って感じ??なんのこっちゃ。笑

f:id:befreemysoul:20170910153227j:plain

 

30分ほど山頂で、飯食って寝そべってごろとろして、帰り。

突然現れた草原。「花畑」って言うんだと。

f:id:befreemysoul:20170910153325j:plain

 

畑の真ん中。

途中狙撃されやしないかと。。笑

昔見た、ベトナム戦争映画の「プラトーン」にあった、

ベトコンに包囲されたこんな平原にヘリから兵隊が降り立つ場面が

かぶっちゃいました。

 

f:id:befreemysoul:20170910153304j:plain

花畑の端から振り返って。

f:id:befreemysoul:20170910153348j:plain

 

お~!ちんこ!

f:id:befreemysoul:20170910153409j:plain

 

光。

f:id:befreemysoul:20170910153510j:plain

 

光!

f:id:befreemysoul:20170910153532j:plain

 

帰りは一気に高度を下げた後は、次からの写真みたいな平坦な林道を2~3時間かけて

バス停まで。

f:id:befreemysoul:20170910153641j:plain

唐松林

f:id:befreemysoul:20170910153701j:plain

 

f:id:befreemysoul:20170910153745j:plain

f:id:befreemysoul:20170910153814j:plain

 

 

三本松バス停着。

f:id:befreemysoul:20170910153807j:plain

 

いっつもガイドブックのページをコピーしてポケットに突っ込んで山にいってます。

f:id:befreemysoul:20170910153840j:plain

 

今回は六甲山の反省で、やはりコンパスはいるなぁ と。

でもコンパスだけあっても荷物になるしなぁ。

ってことで先日、コンパス付、温度計付、高度計付 の腕時計買っちゃいました。

 

これまで腕時計すら持ってなくて、登山中、一々ザックからスマホ

取り出すのめんどくせぇって思ってたので。

因みに腕時計するのって、、、15年振り??

親父に買ってもらった腕時計を2連発でなくしてしまって、それ以来です。

 

ウキウキして、ところどころ写真に撮ってるのはそのせいです。

今日その時計をつけての初めての登山。

・・でも、いきなり温度計と高度計はざっくりしてることが判明笑。

コンパスは見なかったけど、不安だなぁ。

 

 

 

 

栗林公園20170830

高松日帰り出張で、帰りの便まで時間が合ったので、

少し気になってた、栗林公園(リツリンコウエン)を散策。

っていっても入園料何百円か必要だけどね。

 

仕事で6月から3回目くらい、高松行くの。

空港から高松市内までのバスに乗ってて、栗林公園前ってバス停があって、

そもそも何て読む?? とういところから何となくひっかかってたんです。

 

今回明らかに時間もあるので、事前に栗林公園をネットで調べると

そこそこデカイ公園。

公園フェチでもないけど、うどんばっかり食っててもしゃーないし、

仕事のきりつくから、公園でぼーっとするものええかな~と。

 

いやいや、よかったすよ。

緑の量がまずハンパなかった。

仕事で金のことばっかりあつかってるので、すごい癒されました。

あと建物の2件ほど自分的にいいなぁと思えるものがあって。

 

近代的なごつい建物ばっかり仕事で扱ってると、たまには木造の小さいたてものを

見ると癒されますね。

 

あと、兼六園とか京都の庭園とかのようなややこしさがない!笑

べつに単純な日本庭園というわけではないけど、いてて居心地が良かった。

ま、自分のレベルが低いのかわからんけど。

 

ほな。

 

f:id:befreemysoul:20170902211932j:plain

f:id:befreemysoul:20170902211950j:plain

f:id:befreemysoul:20170902212007j:plain

f:id:befreemysoul:20170902212020j:plain

f:id:befreemysoul:20170902212032j:plain

f:id:befreemysoul:20170902212047j:plain

f:id:befreemysoul:20170902212107j:plain

f:id:befreemysoul:20170902212128j:plain

f:id:befreemysoul:20170902212142j:plain

f:id:befreemysoul:20170902212159j:plain

↓このプロポーションがいいんですよねぇ。

f:id:befreemysoul:20170902212222j:plain

f:id:befreemysoul:20170902212240j:plain

f:id:befreemysoul:20170902212340j:plain

f:id:befreemysoul:20170902212354j:plain

f:id:befreemysoul:20170902212409j:plain