読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤岳(2017/3/18)

八ヶ岳っていう山は無いことを、最近知りました。

何とか岳っていうのが八つ連なって八ヶ岳って言うんですね。。

 

そんな男が、雪の赤岳に登っきました。

 

黒斑山で、バスの便利さに味を占めた私は、ネットで新宿ー上諏訪

バスがあることを発見!

 

本には、一泊前提で、美濃戸口ー赤岳 往復で9時間半の行程と記載。

となると、前泊して、丸一日かけて往復するかぁ となり、

ネットで探した美濃戸ロッヂを17日の晩で予約。

 

さてさて、17日いきなりトラブル。

金曜日、休みを取って行ったのですが、実は平日。

一日三本走っている茅野駅から美濃戸口までのバスなのですが、

平日ダイヤは、最終の夕方の便が無いことが、茅野駅で判明。。。

 

登山のときは、電車やバスのダイヤに気を付けねばね。

当然、大菩薩嶺の帰りのような心優しい方が送迎してくれるはずも無く、

泣く泣くタクシーのお世話になりましたアゲイン。

 

しっかし、八ヶ岳の麓の雰囲気っていいもんですね。

なだらかな高原と白樺の木々、別荘なんかもあったりして、

自分が今まで見たことの無い雰囲気でした。

 

ただ一方で、目の前に広がってそびえる八ヶ岳の景色がだんだん大きくなるにつれ

不安も高まります。。

 

何だかんだで、夕方五時前にロッヂ着。

風呂入ったり、登山計画書書いたりして夕飯。

写真にも載せましたが、これは旨かった~!

 

魚と焼き肉とグラタン的なものと。。。

お奨めです。

 

翌朝は5時前に起きて、軽い朝食の後、6時に出発。

3月の中旬なので、ヘッドランプ無しでも、歩くには問題無い明るさでした。

 

その後、赤岳鉱泉で通称アイスキャンディを横目にしばし休憩。

最近、サーモスの保温力が劣ってきている気がするのですが。

とはいえ、暖かいお湯とお菓子を食べて休憩後、行者小屋へ。

 

そこはスルーして、しばらく歩くといつの間にか、樹の無い急斜面を

登ってました。やばい、後ろは振り返れません、恐くて。

でも、今思えば、地蔵の頭までの急斜面の写真一枚でもとっときゃよかった。

 

途中、滑落して死ぬかも と思った一瞬もありましたが、その時は、

後ろの方が、突き刺してくれたピッケルに足を架け、何とかセーフ。

 

ピッケルの登山だったのですが、ピッケル右手で持つの?左手で持つの?

など、戸惑いながらも、徐々に歩きなれてきて、地蔵の頭着。

かなりほっとしました。

 

そこから、赤岳天望荘の脇を抜け、赤岳頂上へ。

尾根つたいにひたすら登っていくのですが、地蔵の頭から見上げる

赤岳へのルートはカッコよかった!

そこを自分が登ったとは。。

おれ、カッコいい!! とは言いませんが。。

でも、達成感マックスでした。

 

頂上で昼飯食った後、文三郎道経由で帰りました。

 

タクシーから八ヶ岳を見る。不安が高まります。

f:id:befreemysoul:20170324080000j:plain

 

ロッヂでの晩御飯。おいしかったです!

f:id:befreemysoul:20170324080020j:plain

 

朝起きて、部屋からの一枚。白樺と雪と満月と。

f:id:befreemysoul:20170324080038j:plain

 

アイスキャンディ。人工的に作ってるんですね。

f:id:befreemysoul:20170324080055j:plain

 

いよいよ、急斜面へ。

f:id:befreemysoul:20170324080116j:plain

 

と、その前に行者小屋から阿弥陀岳など山々をパシャリ。

f:id:befreemysoul:20170324080139j:plain

 

なんだかんだで、地蔵の頭から見下ろす。f:id:befreemysoul:20170324080206j:plain

 

 

赤岳山頂への尾根ルート。

f:id:befreemysoul:20170324080321j:plain

 

赤岳山頂。あとちょっと岳よ。

f:id:befreemysoul:20170324080434j:plain

 

〆は富士山で。

f:id:befreemysoul:20170324080456j:plain

 

帰りは本には載ってなかったのだけど、美濃戸口バス亭前に去年?出来たレストラン&温泉&ペンションで、風呂につかってビール&カレーを食べて、帰りました。

 

これで雪山は終わりかな?

充実した2ヶ月間でした。

ホント毎週頑張った! 楽しかったけど。

 

バイバイ~