親知らず

2週間ほど前、右上の親知らず近辺の歯が欠けてるのが見えたので、

「詰め物がとれたかな?」と思って、会社近くの歯医者へ行った。

そしたらレントゲン撮って、ミラー見せられて、

「う~ん、虫歯だね。抜歯しないといけないね」

なんてことを言われた。

 

こっちは単に、詰め物をつめる感じで行ったものだから

「えっ??」ってなって、

その日は抜歯する決心もつかず退散。

 

何か綺麗な診療室で院長もまじめそうな人だったのだけど、

プロセスが唐突すぎてなんか信用できず、

でも、親知らずを抜く決心を固めるため、2週間ほど経過。

 

さっき、家の近くの歯医者へ行ってきた。

そしたらその院長先生は詳しく歯の状況や歯周病の説明をしてくれ、

最後抜くか抜かないかは私の判断をゆだねてくれた。

他の人のレントゲンとかを見せられて私の歯が何と

恵まれているかが分かったので、抜歯はせず

虫歯治療を選択した。

 

ほんと、2週間前、その場の勢いで抜かなくてよかった~。

 

歯が恵まれていること、いい先生の出会えたことに感謝です。