八ヶ岳縦走(北横岳~権現岳~観音平)20170502~20170505番外

休日なのでデトックス

といきたいとこですが、疲れてるせいなのか頭の中が空っぽ。。

ということで縦走でよかったことをまとめて押米。

・4日間天気が晴天!

 ⇒当たり前のことと感じるかもしれませんが、茅野駅で出会った登山客さんは

  昨年のGWはずっと土砂降りだったとのこと。

・予定していた行程を走破!

 ⇒天気がラッキーなのと、自画自賛ですが、1月からこつこつと山のぼりを続けて

  来たお陰もあるのかなと。

  自分の実力、持ち物、勘 など、1月からの経験がなければ縦走は出来なかった

  とつくづく感じます。

・便通さいこ~!

 ⇒言わずもがな。。

・人との出会い

 ⇒赤岳で出会った、社長のジェントルマン。

・持って行ったものは完璧!

 ⇒特に食料。

  神田のL-breathe でレジの横においてあった賞味期限近くのセール品を

  偶々買いあさったところ、それがピタピタとはまりまくりでした。

  キリマンの経験上、頭の中がボートっとしてると歩けなくなるんですよね。

・日の出・日の入りを見たいポイントで全部見れた

 ⇒諏訪湖の日の入り、赤岳での日の入りと日の出。

  ラッキーすぎます。

・生まれて初めて飛んでるグライダーを間近で見れた

 ⇒ホント偶然でした。なんてことはない景色のところだったんだけど

  何故か、写真を撮ろうという直感を抑えきれず、カメラを手に撮った瞬間

  目の前をグライダーが。かっこよかった!

・美人と遭遇×2

 ⇒黒百合ヒュッテのバイトのお姉さんと、権現岳手前のハシゴ登ったところでの

  お姉さん。美人!!かつ気が強そうな感じがよかった。

・尾根

 ⇒以前の日記でも書いたとおり尾根を歩くのが好きです。

  一番綺麗な尾根は権現岳から乙女平への雪の尾根かな。

  歩けて満足です。

キレット小屋からのラッセ

 ⇒ここは今回の縦走の分かれ目でした。

  小屋からの斜面を上がったところで直ぐに鎖場だったのですが、

  途中から鎖が無く、トレースも消えており。。

  今日、すれ違った人も2人しかいなかったので、流石に私の実力では

  トレース無しに、雪上を権現岳まで歩くのは無理かな と思ってました。

  ただ、10数m先の斜面の上に樹の切れ目があり、もしかしたら

  尾根かも? という淡い期待もありました。時間にすれば20分程度

  でしょうか。ピッケルも役に立たなかったので、近くの樹木の枝を

  手で持っては、足を一歩踏み出し を続けていき、漸く樹の切れ目の

  尾根まで上がったら、なんとトレースを見つけました!

  ほんとに、色んな意味で意義深い瞬間でした。

・赤岳でのペットボトル1本400円

 ⇒たけ~と思いつつ、2本購入。

  宿を出るときに1.5Lの水がないと不安だったので。

  結果大正解でした!

・卵もらってラッキー

 ⇒朝ごはんは卵かけごはん。

  同席の老夫婦は、以前生卵を食べて腹を壊したことがあるそうで、

  私に生卵をゆずってくれました。お陰でアミノ酸バッチリで2日目乗り切れた。

  ありがとう!

・最後の最後で怪我をしましたが、、、

 ⇒傷の場所が手首じゃなくて良かった!

 ⇒傷の方向が筋と直交してなくてよかった!

 ⇒お陰で編笠山登らずにすんでよかった!

  (登ってたら、間違いなくバスに乗り遅れていたね!)

 ⇒教訓を得た。

  ・疲れてるときに考えることはろくなことが無い。

  ・功名心で山に登らない。

 

あと、振り返るに、年末のキリマンジャロ、本当の山頂でなくギルマンズポイントまでで良かったと思います。山頂まで登ってしまっていたら勘違いして、1月以降

山に登ってなかったかもしれないし、今頃もっと大きな事故を起こしていたと思う。

 

そんな感じでよいことずくめの縦走でしたとさ!