読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一日3つの良かったこと

を2ヶ月ほどワーキングしてました。

振り返ってみると

「朝起きれた」「※※を間に合って仕上げた」的なことが多かった。

まぁ、その二つは特に良かったことが思い浮かばなかったときに書いてたの

だろうけども。。。

 

「朝起きれた」う~ん苦笑。

中3高1のときは遅刻と欠課を年間80回ほどしてたんですよね。

S海岸でボーッとしてたりとかで。

面白くなかったからなぁ。

そこから比ぶれば、時間通りに朝出勤するのはタイヘン自分にとっては

喜ばしいことで。。。。。ん?? 喜ばしいん?ほんま?

 

「間に合って仕上げた」

世はスピード時代! って私が小学生の頃の親父の口癖。

その言葉を聞いて、毎度 最高にイライラしてたわ。。

いつも何かにせっつかれてたね、親父。

会話もへったくりもあったもんじゃない。

その言葉が潜在意識に刷り込まれてるのかな?

 

特に良いことが思い浮かばなかったときに 上の二つを書いてたって、

その二つのことは自分にとって特に良いことでもなんでもなかったんじゃ

ないのか??

 

お~こわ!