20170520富士山

富士山行って来ました。

まだ、雪が残ってる5月下旬。

 

1月下旬の高尾山登ったときからいつか雪の富士山登ってみたいと思ってました。

その後、丁度4ヶ月で、残雪期の富士山登頂です。。。

思い込みの力ってすごいね!

 

19日の夜7時に車で東京を出発。

ずっと国道246号で、富士宮登山口5合目駐車場に23時30分頃着。

富士スカイラインとその手前、両脇に日本とアメリカの軍基地のある道路を

走りました。なんだかそういうところって場に独特の緊張感がありますね。

沖縄や台湾を自転車で走ったときのことを思い出しました。

 

沖縄やあっちゃこっちゃに基地があったし、台湾は台南の南の軍事基地が

緊張した。門番の兵隊がずっと私を見てた感じがして。

 

そうそう、数ある登山道で今回富士宮を選んだ理由って言うと。。

頂上まで最短距離、南側で駿河湾が見える(って見えなかったけど) って感じ。

八ヶ岳で出会ったKさんは須走ルートをおっしゃってましたけど、その後色々

調べていくうちに、自分の性分として最短距離をガって登るほうがいいかな~

南向きだし  ってことで。

 

5月とはいえ、標高2400m。で真夜中。流石に肌寒かったです。

トイレを済ませ、初シュラフで就寝。

結構爆睡。あったかかった。

 

翌朝、5時に目覚ましセットしたのですが、

流石に山の時間は早いです。

4時半頃周りの登山客の準備する音で、自然と目覚めました。

その時間になると、ヘッドランプも要らない程度の明るさで。。

 

朝ごはんは、コンビニで買ったインスタントのチーズリゾットとパン。

サーモス様様です。まだ十分に熱湯でした。

 

こんな寒いところで食べる暖かい食事はありがたいね。

 

丁度六時(正確には五時56分)に登山道入り口出発。

雪はその時点ではほとんど無し。

周りには意外と山に登るだけの人は少なめ。

スキーやボードを担いで登る人が多かったかな。

(その後一人だけ、スキー板をはいたまま、直線で登ってる人を見ました。

 何考えてんねん。。しんどいやん。)

 

ガイドブックでは、頂上まで約5時間半の行程。

雪あるし、まぁ、6時間 登頂は12時前かな なんて軽い気持ちで

ボラボラマインドでゆっくり登りました。

 

途中、外人さんが後ろについてしばらく話しかけようとしてきてました。

ただ、私自身少しつかれてきてた点もあり、その外人さんも

短パンに軽装で、なんか浮かれてそうだったので、軽くあしらいつつ。

最初の会話で、どこからきたの?トークになり、

私が「神田」外人さん「お~、わたし吉祥寺です」 で、何もこたえる気が無くなり

終わり!

 

吉祥寺ってなんと中途半端な! 

(決して吉祥寺を馬鹿にしてるとか言う意味ではなく)

何で富士山登山中に東京のシティトークをしなあかんねん!

 

しばらくすると雪の量が徐々に多くなり。

アイゼン装着。

さらにしばらくすると、斜度がきつくなり、ヘルメット装着。

 

で、2回ほどの休憩を挟み、山頂の鳥居到着!

写真を数枚とったあと、左手に見える富士山測候所へ向かい前進。

 

いままで、2回夏の富士山に登ったことがあります。

小学生のときと、新入社員のとき。どちらも、何とか登山道のてっぺんまでで、

本との山頂(剣が峰)へ行くのは今回が初めてでした。

あと、火口をこんなにゆっくりと見たのも初めてかな。

 

約30分ほどで、剣が峰着!10時37分。

空が青い!!

 

他の登山客さんと写真の撮りあいをして、他の何とかアルプスの写真も

とりまくり、ほっと一息。流石に時間的にもまだ昼飯には早いし、かといって

ゆっくり出来るスペースも無いし、さぁどうするんべ。と。

ということで、お鉢周り決定。

これははじめての経験。

かすかにトレースがあったので、その通りに行けば大丈夫でしょう と。

標高差も無いはずだし。

 

で、しばらくあるくとトレースが無く。

流石に富士山のてっぺんなので方向を見失うことはありませんでしたが。

 

眼前にそびえる大きな岩。

それを迂回したところで、道が分からなく、余計にヤバイ気が。

かといって引き返す脳みそもなく笑。

 

小一時間、アニマルスピリットをフル稼働して、何とかプチ岩場を脱出。

あとは緩やかな雪道をグルット回って本の富士宮登山道テッペンまで

戻ってきました。

その時は13時を少し回ったとこ。

流石に腹ペコで、かといって午後になると強風でゆっくり飯を食える場所も無く。

小屋影で、チョコバーやゼリーを腹に詰め込み、下山開始。

 

途中1回だけ休憩を挟み、16時過ぎに駐車場着。

ふ~、最高です!

 

出発。スキー板しょってる人、結構いましたね。

f:id:befreemysoul:20170522114910j:plain

 

天気は快晴なり

f:id:befreemysoul:20170522114948j:plain

 

雪が徐々に増えてきます。

f:id:befreemysoul:20170522115012j:plain

 

ぼちぼちアイゼン装着。山から見える空ってほんと青いですね。

f:id:befreemysoul:20170522115034j:plain

 

道中見下ろす。上ばっかりみてると疲れるから笑

f:id:befreemysoul:20170522115047j:plain

 

雲も大分下に見えますね。

f:id:befreemysoul:20170522115105j:plain

 

なんとか合目で少し休憩

f:id:befreemysoul:20170522115126j:plain

 

山頂の鳥居着!!

f:id:befreemysoul:20170522115203j:plain

 

その奥に神社が。雪に埋もれて賽銭どころではなかった。。

f:id:befreemysoul:20170522115222j:plain

 

そこから左を見上げると剣が峰が!!

f:id:befreemysoul:20170522115244j:plain

 

剣が峰着!!!!!・・・向こうの方が高い?気のせい気のせい笑

f:id:befreemysoul:20170527214159j:plain

 

測候所。お疲れ様です

f:id:befreemysoul:20170522115412j:plain

 

山頂からの何とかアルプス。みんな下!

f:id:befreemysoul:20170522115449j:plain

 

お鉢周り出発です。左の人は赤の他人。青い服着てますが。。

f:id:befreemysoul:20170522115514j:plain

 

お鉢周り道中ふさがるロック!右へ行くか左へ行くか はたまた・・・

f:id:befreemysoul:20170522115610j:plain

 

で、右にそれたんだけど、それはそれで、しばし考え中。

結局黒い線のルートだと何とかいけそうな気がしたんです。

でも、完全にルートは外れてますよね。。。

f:id:befreemysoul:20170522115634j:plain

 

で、行けたんです笑 なんとか峰のトップ。

f:id:befreemysoul:20170522115734j:plain

 

このあたりになると、岩場を抜けてほっとしたのか腹ペコなのかで

疲れきってます。丁度、火口半分回ったとこあたり。

f:id:befreemysoul:20170522115702j:plain

 

みんな良く読んでおくように!興味は無いけど、とりあえずパシャリ。

f:id:befreemysoul:20170522115827j:plain

 

下山開始。あの雲に突っ込んでいきます。

f:id:befreemysoul:20170522115847j:plain

 

名残惜しく、鳥居を見上げてパシャリ

f:id:befreemysoul:20170522115912j:plain

 

下山中休憩。足は私のです。あの雲に突っ込んでいきます  って

結局、雲が私から右方向へ逃げていってしまい、ずっと晴天でした。

f:id:befreemysoul:20170522115937j:plain

 

いい天気!

f:id:befreemysoul:20170522120008j:plain

 

で、無事に駐車場着。この顔、あのナニワノモーツァルト キダタロー??

f:id:befreemysoul:20170522120027j:plain

 

なわけはなく、・・・だそうです。でも最後にあの顔で癒されました笑

f:id:befreemysoul:20170522120042j:plain

 

バイバイ!