これまでの失敗談の振り返り

1月の高尾山以降の失敗談というか、今後の為の言葉をまとめようかね。

・サイズはキチンと確認しよう

 ⇒初めてかったザック、間違えて子供用だったんだよね。

  まだ、山登りを真剣にやるかも決めてなかったので、とりあえず小さいのを

  買おうと思ったら、小さすぎたっていう。。

 

  そんだけかな。。 

 

   じゃなくて笑

 

・疲れたときのやる気は無視

 ⇒八ヶ岳縦走からの教訓。

  文字通り身にしみて感じたことです。

  でも、その教訓は早速富士山で生かせました。

  お鉢周りの前は、さくっと回って火口の下へ降りてみるか

  とも思っていたのですが、お鉢周りあとは、腹が減ってて

  疲れもそこそこあって。で、むりやり火口の下への思いは封印しました。

  まったく後悔なっしんぐ。

 

・レモン味のあめは使える

・イチジクのドライフルーツは結構使える

・アルミ水筒に水をいれて凍らすな

 ⇒これは大岳山に登ったときのこと。  

  そろそろ5月で暑くなってきたし、水筒凍らせていけばいいじゃん!

  と。そういえば小学生のころのカブスカウトでは、凍らしたお茶を

  良くもっていったものだった。

   で、凍らしたは良いものの、下山中にやたら水筒周りに水気が。。

  よく見ると、1mmも無いクラックが入ってました。

 ・のぼりは体幹を使って脚をうごかすべし。

  後半のための体力を温存しよう。

 ・下りも体幹をつかって足を動かすべし。

  ⇒これは筑波山の下山中に思ったこと。

   前を歩いていた山ガールの足の運びがすごくうまかったんですよね。

   くだりなのに少しだけ前傾しせいで、たったったっ って感じ。

   山の本を後で見たところによると、くだりでも体幹を使うと

   いいらしい。それまで私は前のふとももが下山後筋肉痛でしょうがなかった

   のだけど、最近だんだんとそれがなくなってきている気がしています。

  

   で、ようは上りも下りも体幹をしっかり使うから便通もよくなるのかなって。

 

 ・バスの時間をしっかりと確認しよう!

  ⇒大菩薩峠の経験からですね、はい。

 

 ・五月の紫外線をみくびるな!

  ⇒サングラスはしましょう。

   良く考えたら鼻のてっぺんとか顔の日焼けはひどいのに

   目だけ何も無いって考えるほうがおかしいよね。

   目を大事にしましょう。

 

 バイバイ!