カメラ

前のお題の記事を書いていたいときにふと思ったこと。

どうしてカメラに興味が無いんだろう?

って思ったときに、私の小学生までのカメラに対する思い。

 

いつも親父は手でピントを合わせるごっついカメラを持っていて、

家族写真を撮るときはそのピントを合わせるのに手間取り、

やたら「ち~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ず!」が長く、他の家族からのブーイングを浴びせられていました。

ちーずの間目を開け続けないといけないあのつらさはトラウマになりますね。

写真を撮るって、私にしたら被写体は、かしこまって力んで、写真に納まらないと

いけないもの って感じ。

しかも現像したら現像したで、ろくにピントがあっていないものも多く

母親が文句ブーブー言ってました。

 

また、親父兄貴私と男どもは写真の整理を出来ない人たちで、

そこも母親の不興を買い、写真やカメラというものに対してよい思い出が

無かったのでした。

 

なんてことをふと書いておこうかなって。