牧場の牛

20代のころ、北海道の中標津ってところで、3ヶ月住み込みで牧場で

働いてました。

放牧場の周りには微弱な電流が流れている鉄線が張ってあって、

牛がそこに触れると、すこしビリってなるんです。

で、牛はそれを恐がって、放牧場の中にうまく納まるしかけ。

あんなに大きな牛が突進して逃げようと思えば、細い鉄線なんで

簡単に引きちぎって逃げれると思うのですが、そうはならない。

 

最近、会社のPCが夜の10時に強制的にシャットダウンされる

ことになるそう。

保存してないデータは全部飛ぶんだとさ。

で、一度シャットダウンした後は、自分でスイッチを入れなおしてOKと笑。。

 

その話を聞いて、何故か牧場に閉じ込められた牛を思い出した。

なんか、自分が家畜になったみたい。

会社のやってること一線を越えたかな? って感じがします。

 

愛が無い。

シャットダウンして飛んでしまったデータのせいでお客に迷惑をかけたのなら

会社が責任を取る!ってのなら分かるんだけど、

自分でまたスイッチを入れなおして、シコシコ仕事を続けるって ねぇ。

 

日本の馬鹿が進行中。

 

ちっ

 

家畜から人になるには、鉄線をペンチでプッツンと切ってしまえばよいのか。

で、別の牧場にいくとか??笑

それだと牛のまま。。