プロゴルフツアー 

に行ってきた。観戦側で。

アジアツアーと日本ツアーが一緒くたになったやつ。

場所は成田からバスで30分ほどのゴルフクラブ

どうでもいいけど、電車むっちゃわかりにくかった。

 

色んな線が乗り入れていて、色んな電車があって、さっぱり分からん。

外人さんは、JRでズリッと都内へ行くのかな。

 

空港第二ビルから貸切の観光バスでゴルフ場へ。

天気は少し雨。だけど1時間もしたら無事に上がった。

 

最初練習場の風景をちらっとみながら、今日の組を確認。

大堀祐一郎選手の組に同行することにしました。

 

youtubeネスレマッチプレー選手権を偶にみるのですが、

1~2年前、淡々と片山晋吾を破ったのが印象的だったので。

あと、今日の大堀選手の服が、上が黒 したがオレンジのパンツ。

一方私は、上がオレンジのポロ、下が黒のパンツ。

ということで。。。

 

・トップからのスイングがべらぼうに早い。

 腰からしたの捻転がすごいんだろうけど、私がまねすると、上体がついていかずに

 右へプッシュアウトするな。。

 

・淡々とプレーを進めるところは参考になります。余計な感情は持ち込まない。

 

・パターのときの気づき。

 人の眼は情報を省略して、画像を脳へ送って、脳は、これまでの経験を元に

 省略された画像の情報を補って認知をする って脳科学者が言ってます。

 これを利用したのが騙し絵でしょうかね。

 

 で、とあるショートホールのパッティングで、

 似たようなところから似たような距離で

 同じように二人の選手がカップの左へ外した。

 私も、右に切れるかなとおもって、二人の選手と同じ方向へ打つのが良いかなと思ってたので、不思議に思って、しゃがんでグリーンの傾斜を見てみた。

 そしたら、左目の端の方に、小さなマウンドがあるのに気がついて。

 

 でもそのマウンドってカップの左数mで傾斜が終わってて、カップ周りは

 実は水平だったんですよね。

 

 要はグリーンの傾斜を見るときに、周辺視野に入ったマウンドが勝手に

 脳に送り込まれて、脳が勝手にカップ周りは右に傾斜してるって情報処理したのかな と。

 

 

 試しに、手で、左のマウンドが視界に入らないようにカップ周りを見てみると

 水平に見えた。

 

 人って見てるようで、自分の都合の良いように解釈してるだけなんですね。

 

 これは次のゴルフにいかせそう!

 

 っていっても、最近、あまりゴルフへの情熱が。。。

 今日行ったのも、会社の関係でタダ券が手に入ったので っていう。

 

 どうなることやら。。

 

パンフの表紙 三菱系のスポンサーだからダイアモンドなんですかね。

f:id:befreemysoul:20170923191605j:plain

 

曇天。かろうじて傘無しでOK

f:id:befreemysoul:20170923191107j:plain

テレビでよくみる、リーダーズボード

f:id:befreemysoul:20170923191208j:plain

 

真ん中の黒とオレンジの人が大堀祐一郎。背は183cm だって。

でも大抵の人は普通の高さだったね。

f:id:befreemysoul:20170923191230j:plain

 

例のショートコースのグリーン。手前の二個のボールが二個ともカップ左へ外れた。

ぱっと見、右へ傾斜してそうなもんですが、左のうっすらとしたマウントを隠して

見てみると、水平に見える気がする。。

f:id:befreemysoul:20170923191313j:plain

 

 

ティグランドで待機中。

f:id:befreemysoul:20170923191425j:plain

 

大堀選手とリーダーズボード

f:id:befreemysoul:20170923191510j:plain

 

グリーンが空くのを待ってるところ。ギャラリー少ないね。

f:id:befreemysoul:20170923191531j:plain

 

おまけ。さすが成田空港のそばだけあって、轟音をたてて飛行機がひっきりなしに

行き交ってた。

f:id:befreemysoul:20170923191629j:plain

 

どうでもいいけど写真って撮って良かったのかな。